船員教育機関について 海技大学校

海技大学校の概要について


海技大学校
海上技術コース
(航海・機関)
海上技術コース
(航海専修・機関専修)
海上技術コース
(航海専攻・機関専攻)




  • 海上技術学校において修得した航海・機関の知識を基に、2年間で船員としての更なる知識・技能の向上のための専門教育を行います。
  • 修業期間は2年で、大学校における座学1年3ヵ月及び練習船による乗船実習9ヵ月から構成されています。
  • 海上技術短期大学校において修得した航海・機関の知識を基に、2年間で船員としての更なる知識・技能の向上のための専門教育を行います。
  • 修業期間は2年で、大学校における座学1年6ヵ月及び練習船による乗船実習6ヵ月から構成されています。
  • 船員教育機関以外の大学・短大を卒業して海運会社に雇用されている方(内定者を含む。)を対象に、三級海技士(航海・機関)の海技免許の取得及び即戦力となる海技者を養成します。
  • 修業期間は2年で、通信教育、座学及び乗船実習を組み合わせた授業が行われます。



  • 卒業すると、三級海技士(航海・機関)の国家試験を筆記試験免除で受験することができます。
  • 卒業すると、三級海技士(航海・機関)の国家試験を筆記試験免除で受験することができます。
  • 卒業すると、三級海技士(航海・機関)の国家試験を筆記試験免除で受験することができます。
受験対策 出願資格等 【出願資格】
  • 平成5年3月以降に海上技術学校又は海員学校の本科を卒業した者

【選抜の方法】
  • 推薦入学
  • 当該年度3月に卒業見込みの者
  • 出身学校から提出される調書に基づいて選抜します。

【一般入学】
  • 小論文、英語I・II、数学I及び面接により選抜します。
【出願資格】
  • 平成6年3月以降に海上技術短期大学校又は海員学校の専修科を卒業した者

【選抜の方法】
  • 推薦入学
  • 当該年度3月に卒業見込みの者
  • 出身学校から提出される調書に基づいて選抜します。

【一般入学】
  • 専門学、英語、数学及び面接により選抜します。
【出願資格】
  • 海運会社に雇用されている方(海運会社に雇用される見込みの者を含む。)であって、学校教育法による船員教育機関以外の4年制大学、短期大学又は高等専門学校等を卒業した者で海運会社に推薦された者

【選抜の方法】
  • 英語、数学、論文及び面接により選抜します。
詳細

  • 外航・内航の海運会社、旅客船・フェリー、官公庁の船の船舶職員
  • 造船、物流、機械メーカーなど海事関連産業分野
その他 教育費
  • 入学料:194,900円
  • 授業料:390,000円/年(平成29年度入学生)
奨学金等
  • 海技教育財団の奨学金制度があり、学業及び人物が優秀であり、かつ、船員になろうとする者で、家計の状況からみて、奨学金の貸与が必要と認められる学生に対し、貸与されます。
学校
URL

※詳しくは、海技大学校のホームページをご覧下さい。(平成29年4月1日現在)